のぼりは勝手に設置してOK?許可は必要?

飲食店やイベントの販促などに大活躍するのぼりですが、設置に許可がいるケースがあることをご存知ですか?設置時のトラブルを防止するためにも、設置に許可が必要かどうか事前にしっかり調べておきましょう。

◆のぼりの設置に許可がいる場合

のぼりを設置する目的のひとつが、通行人の注目を集めることです。

そのため、のぼりは人目につく場所に設置する場合がほとんど。

しかし道路にのぼりを設置する場合は、事前に許可をとる必要があることをご存知ですか?のぼりの設置には道路使用許可を申請する必要があるため、設置したい場所の管轄を調べて事前に確認と申請を行うようにしましょう。

◆道路使用許可を申請するには

のぼりの使用許可は、設置したい場所を管轄している警察署の交通規制係に申請をします。

ただし、申請したらすぐにのぼりを置いてOKかというとそうではなく、許可がおりるまで1〜3日程度かかるため注意が必要です。

申請料金は各都道府県で異なるため、各警察署に確認してください。

例え許可がおりたとしても、通行人やドライバーの邪魔になるような場所へのぼりを設置することや、屋外広告物禁止区域への設置は禁止されているので設置の際は気をつけましょう。

◆のぼりの設置は慎重に

のぼりの設置は許可をとっていたとしても、周りの景観を壊すデザインだったり、インパクトを重視して誇大広告になっていたりすると違反になる恐れがあります。

また自分の敷地内に設置する場合も、通行人の妨げになっていないかなど配慮することが大切です。